マーティン・クラウゼ

Mr. Martin Krause

マーティン・クラウゼ

Martin Krause

ドイツのドレスデン工科大学(電気工学専攻)を卒業後、流量計測機器の開発分野においてエンジニアとして勤務。2010年に来日後はバイオテクノロジー分野におけるロボットを用いた自動化技術に携わる。2016年からゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所(東京)で、技術的知識と日本語のスキルを活かし、特許技術者として勤務。2018年よりゾンデルホフ&アインゼル特許事務所(北京)に出向。

業務

特許技術者

専門分野

半導体製造、回路設計、プログラミング

職歴

2018年 – 現在

ゾンデルホフ&アインゼル特許事務所(北京)へ出向

2016年 – 現在

ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所

2013年 – 2015年

テカンジャパン株式会社、フィールドエンジニア

2010年 – 2013年

東京計装株式会社、R&Dエンジニア

学歴

2010年

Technical University Dresden(ドイツ)
電気工学(Dipl.-Ing.)

言語

ドイツ語、日本語、英語